潜在看護師を迎え入れる体制が大事

近年は看護師の数が非常に減っている事が問題視されており看護学校を卒業して資格を取得する人が増えていることがニュースになる事があり増すが、実際に現場で働いている看護師は年々減っているのです。

特に、都市部から離れた地域の看護師がすくなくなっていることから問題視されるようになりました。この状況を改善するためには、資格を取得しているが他の仕事をしているような潜在看護師を増やしていく必要が有るのです。

その為の取り組みが看護師セミナーとなります。特に年齢制限を設けるに多くの方に参加してもらう予定ですが、なかなか思うように人が集まらない現状があります。看護師の仕事は非常に過酷な労働条件が強いられるので、高齢になると仕事に対応できなくなる可能性が有るのです。

しかし、その様な看護師であっても年齢制限を設けていないセミナーに参加してもらうことによって、各地域の医療機関で働いてもらいたいという考え方があります。年齢制限を設けないのは、地方のセミナーだけでなく、都会のセミナーにおいても年齢制限を設けない場合が多いのです。

このようにしていけば、より多くの看護師セミナーを開催することが出来るし、年齢制限を気にすることなく多くの潜在看護師が集まってくれるのではないかと期待しているのです。

ここでポイントになるのはどのようなセミナーを開催するかです。年齢制限を取り除き間口を広げたセミナーなので、資格を取得してる人なら誰でも参加できる必要が有ります。

最近ではフィジカルアセスメントや薬物療法、アロマなどの看護師セミナーも開催されていて、これらのセミナーも年齢制限を設けていないので参加者を広く募集しているのです。しかし年齢制限がないにもかかわらずなかなか人が集まらない現状があります。

多くの看護師を職場に復帰させるためにも、年齢制限を考えずに多くのセミナーを開催させていく必要が有ります。これを地域で開催する必要が有り、大きく告知するために年齢制限の部分をアピールするのです。

PAGE TOP ↑